ファイル共有で仕事の効率をアップ【クラウド環境を利用】

記事リスト

災害時の企業の対応

婦人

進化する対策

企業が突然の大規模自然災害やテロに見舞われた時に事業資産の損害を最小限にとどめ、損害を受けた事業の早期復旧を促すためにBCPという規定がありますが、そのうちの一つに安否確認というものがあります。安否確認とは企業が損害を受けた際、従業員にいっせいにメールを配信しその回答によって従業員の安否を企業が把握するものです。これによって避難誘導はもちろん、万が一の時の事業復旧も素早く行うことができる為、企業は積極的に安否確認システムを導入する必要があります。2011年の東日本大震災の際にこれらのシステムを導入していた企業は、従業員との連携を素早くとり早期の事業復旧を成し遂げています。安否確認システムは主に緊急時に全社員にメールを一斉発信し、そのメールの回答で安否を確認する機能が主ですが、最近の業者のサービスではSNSやウェブ上からも安否確認を行うことができるようになっています。これらによって当事者は状況に応じて最も早い手段で連絡がとれるようになってきています。東日本大震災の時も、現場の状況の把握や被災者との連絡の手段としてSNSが活躍しました。安否確認のソフトにはこの経験を踏まえて従業員用の災害掲示板を掲げるものが増えてきています。災害時はとにかく情報を得ることが第一なので、これらの機能は安否確認だけでなう皆で共有したい連絡事項を随時発信することができます。例えば全従業員に向けての避難指示や待機支持をする場合に活用できるのです

Copyright© 2018 ファイル共有で仕事の効率をアップ【クラウド環境を利用】 All Rights Reserved.